2016年12月27日火曜日

Kī Hō'alu Christmas - Various artists (1996)

 クリスマスは終わってしまいましたが、悲しい記事で終わるのはイヤなのでもう一枚。海外ではまだ Holiday Season ですからね。
 ハワイのミュージシャンたちによるホリデイアルバムです。スラックキーギターによるゆる~い感じの演奏が和みます。
 年末年始の休暇(Holiday)をハワイで、と言うと芸能人みたいですが、常夏の島でこんな音楽を聴きながらゆったりと過ごせたらいいですね。
 まだ、仕事納めや大掃除、お正月の準備などで大忙しの方も多いと思いますけれど、この音楽を聴きながらほっとひと息。幸せな気分に包まれてまたガンバロウという気持ちになれますよ。それとも、もうみんなほっぽり出して、お休みにしちゃおうかな。
 みなさんにとって、来年もよい年でありますように。

2016年12月26日月曜日

Last Christmas - Wham! (1984)

 クリスマスが明けた朝、悲しいニュースが入ってきました。
 なんと、よりによってクリスマスの日に、George Michael (Wham!) が亡くなったというのです。
 彼が歌った Last Christmas は、今やクリスマスの定番曲として、この時期聴かない日はないぐらい有名になりましたね。発表から30年以上が経って多くの人にカバーもされています、 と書こうと思って、わたしのライブラリーを見たら、意外に歌っている人が少なくてビックリしました。
 やっぱり、オリジナルが良い、ということなのでしょうか。
 カバーの中では、わたしは Taylor Swift のバージョンが好きです。失恋の唄なのに、それを明るく吹き飛ばすような、去年は振られたけど今年はわたしが見返してあげるわ、という感じの元気な歌声が印象的です。
 今年のクリスマスは、亡くなった人の話ばかり書いていた気がします。年をとるとそういうことが気になるようになるのですね。
 しかたないとは思いつつも、寂しいです。

2016年12月23日金曜日

Ashanti's Christmas - Ashanti (2003)

 クリスマスって、やっぱり子供のものですよね。サンタさんがプレゼントを持ってきてくれるのを心待ちにするあの気持ち、いつまでたっても忘れることができません。
 Ashantiのクリスマスソングは、そんな幸せなクリスマスの日々を思い出させてくれる温かさに満ちています。
 失恋の歌無し。はしゃぎすぎてガチャガチャしたパーティーソング無し。壮麗な讃美歌や静かすぎる癒しの歌声みたいなのも無し。かと言って、Jackson 5みたいな子供の唄でもありません。
 まだ愛だの恋だのを知る前の、少し大きなお姉さんと過ごしたクリスマスの甘酸っぱい思い出みたいなものが、まぶたの裏に浮かんできます。
 たまには、お酒を呑まないクリスマスもいいかもね。ちょっと、そんなことを思いました。

2016年12月22日木曜日

12 Nights of Christmas - R. Kelly (2016)

 Bugs BunnyとMichael Jordanがアニメと実写で競演した映画"Space Jam"(1996)が好きです。映画も面白かったですが、Soundtrackもいいですよ。
 そのアルバムの収録曲"I Believe I Can Fly"をヒットさせたのがR.Kellyでした。わたしにとっては20年ぶりのご無沙汰ですが、まだまだ元気でご活躍の様子ですね。
 TOWER RECORDSのPOPには"<性夜>でなく<聖夜>"、"師匠特有のエロ全開も健在"などと書かれていて、どんな人なんじゃ!と突っ込みたくなりますが、手に入れたのが輸入盤で、歌詞カードが付いていないので詳細は不明です。
 讃美歌無し、過去のヒット曲無し、全曲オリジナルのHoliday Albumというのは珍しいですね。しっとりと大人の夜に寄り添ったR&Bの好盤に仕上がっています。
 ジャケット写真でKellyの旦那は、ウィスキーと葉巻を手に「女子供は帰んな」とでも言っているかのように見えますね。夜も更けた大人の時間に、少し照明を落とした部屋で聴くのが良いかも。

2016年12月16日金曜日

Real Christmas - The Real Group (2007)

 なにもない雪原で、焚き火を囲んで暖をとる人々。凍った湖の上のようにも見えますが、まさか、そんなところで焚き火はしないですよね。でも、それができるぐらい寒いところなのかも、とも思えます。
 夜が明ける前のしじまの時でしょうか。イエスキリスト誕生のお告げを聴く前の羊飼いたちのイメージにも見えます。
 スウェーデンのアカペラグループです。
 写真のイメージ通りの静かで敬虔なコーラスから始まり、ポップな曲も挟みながら素敵なクリスマスの夜を演出する歌声を聞かせてくれます。
 ライブ録音もあって、ディナーショーに参加しているような雰囲気も味わえます。贅沢なディナーですね。
 スウェーデン語の歌詞ももちろん、選曲も日本やアメリカのものとは違って新鮮です。なかでも、サンタ・ルチアにはビックリしました。
 北欧では12月13日にルシア祭(聖ルチア祭)というクリスマスの前祝いみたいなお祭りがあって、その時にサンタ・ルチアが歌われるのだそうです。
 船乗りの唄かと思っていましたが、北欧で歌われるものは歌詞もちがって聖ルシアを讃美する内容になっています。
 言われてみれば、「サンタ」は英語なら「セイント(Saint)」。聖人のことですね。サンタルチアもサンタクロースもキリスト教の聖人の名前だということに、今さらですが気付かされました。
 愛だの恋だのいう最近のクリスマスソングはもういいよ、という方にオススメ。心洗われる美しいコーラスを聴いて良いクリスマスをお過ごし下さい。